読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちゃりばちょーでー 素敵な出会いを大切に!

愛妻と二人の子供との生活を日々綴る。あとTV鑑賞やカフェめぐり等の趣味。夫婦の夢についてのブログです。

ファインディング・ドリーについて(八代亜紀です)

お疲れ様です。

1日間が空いてしまいました。。。

f:id:monstersyusyu:20160728222352j:plain

 

 

 

『ファインディングドリー』

 

あらすじ

ピクサー・アニメーション・スタジオの大ヒット作「ファインディング・ニモ」の13年ぶりとなる続編。前作の主人公マーリン&ニモ親子の親友で、ナンヨウハギのドリーが、忘れていた家族を探すために繰り広げる冒険を描く。監督は、前作「ファインディング・ニモ」や「ウォーリー」を手がけたアンドリュー・スタントンカクレクマノミのマーリンが、ナンヨウハギのドリーと共に愛する息子のニモを人間の世界から救出した冒険から1年。3匹は平穏な日々を過ごしていたが、ある晩、ドリーは忘れていた両親との思い出を夢に見る。昔のことはおろか、ついさっき起きたことも忘れてしまう忘れん坊のドリーだが、この夢をきっかけに、忘れてしまったはずの両親を探すことを決意。「カリフォルニア州モロ・ベイの宝石」という唯一の手がかりから、人間たちが海の生物を保護している施設・海洋生物研究所に、両親やドリーの出生の秘密があるとを突き止めるが……。

 

こんな内容のお話です。

 

ファインディング・ドリーについてアンドリュー・スタントン監督は「ファインディング・ニモの続編は作らないと言ってきたが、忘れっぽいドリーがニモやマーリンを失うかもしれない。ドリーは家族を見つけられないかもしれないと心配で続編のことが頭から離れなくなってしまった。」ということから続編決定!

 

個人的な感想としましては

久々に泣いたー

これ一人で見に行ってたら嗚咽漏らしてたかもー笑

 

ストーリー自体はまあ想定の範囲内。ドタバタ劇、仲間とはぐれたりと前回のニモの時に通ずるものがありました。

 

ありきたりなストーリーを魅力的なキャラクターが演じることで、ストーリーを何倍もよくしている気がしました。

わたくしの個人的な感想ですが、前回のファインディング・ニモよりも面白かった。

でも前回のお話がなかったら今回のお話もないわけで、、、

 

これにマーリンの木梨さんの声優はどうかって言いましたが、前言撤回させていただきます。

結構しっくりきてました。笑

ごめんなさい、木梨さん、、、(/・ω・)/

 

 

自分が親となって見た映画だからなんでしょうか?

ものすごく感情移入してしまいました。

 

両親を探すために旅に出た忘れん坊のドリー

ドリーの両親が幼きドリーのために、迷わずおうちに帰ってこれるように貝殻の道を

作り、迷ったら貝殻をたどってきなさいと教育されます。

それをちょっとずつ、何かをきっかけに両親とのことを思い出します。

そして最終的には両親と再会。

号泣です。

 

ドリーは何があっても泳ぎ続けます。

行動し続けるからこそ、ドリーには奇跡が起きるんだろうな

f:id:monstersyusyu:20160728224131j:plain

 

この映画に出てくるキャラはみんなドリーのために力になってくれるのが素敵ですね。

自分の周りにこんな自分を犠牲にしてくれる人いるか?

「いないっす:;(∩´﹏`∩);:」

 

人にやさしくありたい、そんなことを思う映画です。

八代亜紀でした!笑